アドレス変更ツールで些細なトラブル【Search Console】

昨日の記事(「ConoHa Wingを契約」)の通り新しくサーバーを借りまして、昔書いていた日記ブログ(1000記事以上あるが現在のアクセスは皆無)を新ドメイン&新サーバーに移したのですが、その際Googleのアドレス変更ツールではまるにはまったので、同じトラブルに見舞われている後進の為に記録を残しておこうと思います。

ドメイン変更を伴うサイト移転でやったこと

一応トラブルに至るまでの手順を説明しておきます。

 

新ドメインを用意し、元ドメインの内容を新ドメインに完全コピー。
WordPressサイト、かつサーバーがConoHa Wingなので、「WordPressかんたん移行」を使って2分ぐらいで完了しました。

元ドメインから新ドメインに301リダイレクトを設定。
全ページ転送させるので、.htaccessに

RewriteEngine On
Redirect permanent / https://新ドメイン/

とだけ設定。

アナリティクスのプロパティを変更

管理→プロパティ のURLを新ドメインに変更しておく。
そのまま下にスクロールし、「Seach Consoleを調整」をクリック。
旧ドメインの関連付けを外し、「新しいプロパティを追加」
(既にsearch consoleに新ドメインのプロパティを作成している場合は、新ドメインに紐付け)

Search Consoleのプロパティが作成できたらアナリティクスに戻って関連付けする。

_____

と、ここまでが既に完了している状態です。

Search Consoleのアドレス変更ツール

SearchConsoleで元ドメインを選択し、「設定」をクリックするとアドレス変更ツールが登場します。
今回のようにドメイン変更を伴うサイト移転を行う場合、その旨をGooglebotに伝えておくツール。

 

301リダイレクトをかけているのでいずれ理解してくれるし、別に必須事項でもないですし、そこまでするほど価値のあるサイトでもないのですが、習慣みたいなもので一応設定しておく。そしてどつぼにはまる。

 

何回やってもエラーが発生

アドレス変更ツールは新旧両方のドメインで所有者確認が済んでおり、適切な301リダイレクトが設定されていれば使えます。

ただし、httpからhttpsへの移転www有りから無しへ(または逆)のような場合には使用できません。先ほども書いた通り、リダイレクト設定がきちんと出来ていれば使用できなくても心配する必要はないです。

まぁとにかく、そのアドレス変更ツールで新ドメインのプロパティへの移行を設定しようとしたら何回やってもエラー。


「元ドメインに接続できない」などと返してくるので、「もしかして301は後から設定すべきだったのか・・?」とhtaccessの記述を消してみたりしたのですがエラー。

諦めて調べたらすぐに理由がわかりました。

 

 

原因 : 「新ドメインのインデックスが済んでいない」

参考:https://insilico-notebook.com/gsc-301-error/

 

 

そういう訳で、新ドメインのサイトマップ登録だけ済ませて3日放置。
あらためてアドレス変更ツールを設定したら無事に登録できました。

やれやれ。