ネットショップ

モール出店か自社ショップか

ネットショップを始める際、まずはモール型(Amazon・楽天・Yahooショッピングなど)に出店するのか、自社ショップを構築するのかの二択となります。

扱っている商材が一般的に知られた製品であり在庫も潤沢であればモール型の方が売れやすいですが、自社のオリジナル商品であったり、限定的な客層に販売する商品、コンセプトにこだわりをもって仕入れた商品を
販売するのであれば、自社ショップの方が望ましい結果となることが多いです。

モール型出店は購入意欲の高いお客様を集めやすいですが、月額費や販売手数料が高額であったり、モール内の同業他社との競争にもコストを割く必要が出てくるからです。

ネットショップ開業のハードルは低い

SNSや動画配信サービスがすっかり生活の一部にとけ込み、メルマガやバナー広告(数万〜数百万)でしか集客できなかった時代は過去になりました。もちろんまだまだメルマガも広告も有効な手法ですし商材や購入客層によってはその方が良い場合もありますが、個人あるいは小規模事業
で費用を掛けられなくても工夫次第でいくらでもやり様がある、というのは大きいです。

自社ショップを構築するには、セキュリティ上のリスクや不要なトラブルを避けるためにも、通販に必要な機能を標準で用意してくれているショッピングカートサービス(以下ASPカート)を利用するのが一般的です。

ASPカートもかつては月1万円〜が普通でしたが、現在では高機能でも安価or無料ASPも増えてきており、ネットショップ開業のハードルはかなり低くなりました。

ASPカートも非常に数が多く、それぞれに特徴・費用に違いがあるので代表的なものを以下にまとめています。ご参考になりましたら幸いです。

ネットショップASPサービスの特徴と比較

いざネットショップを始めようとしたところで「どのネットショップが良いのか?」という疑問に直面しているのではないでしょうか?それぞれの特徴とデメリット、向き不向きを端的にまとめておきたいと思います

記事をよむ

ASPカート/サービス別で絞り込む

各ASPカートごとに新しく追加された機能やカスタマイズ方法、期間限定のキャンペーン情報などをまとめています。

ベイスBASE

事業として、BASE(ベイス)の導入を検討してみました

最近テレビCMでを見かけました。 基本機能がすべて無料で使えるネットショップ作成ツールとしてここ数年一気に利用しているお店は増えてきた印象があります。無料で使えるネットショップはすでに他にも色々あったのに頭ひとつ抜けた存 […]

shopserve カスタマイズ

ショップサーブのカート画面がCSS対応

ショップサーブが新たな機能として「カート画面専用のテンプレート」をリリースしました。   PC版カート画面のオリジナル編集が可能に スマートフォン版の契約では以前からスマホ可能でしたが、PC版でも画面幅を広くと […]