カラーミー エコノミープランでは出来ないことメモ

ネットショップを契約する際は皆さん慎重に比較・検討し、料金プランを精査してから契約すると思います。

 

そのような中、まったく深く考えずにカラーミーショップをエコノミープランで契約・利用してみて、レギュラープラン以上では出来るのにエコノミープラン(スモールプランも含む)では出来ないことに多数見舞われました。
その中から「これが無いのは結構きついかも」と感じたことを中心にメモしていきます。

2020.04.18追記

カラーミー公式にひっそりと「エコノミープラン新規受付終了」の旨が記載されていました。

しかし説明を読んだ限りでは、2020年5月10日までに新規申し込みすれば、継続してエコノミープランを利用できるようです。

エコノミープランで月々のランニングコストを抑えたい場合は、必ず5月10日までに本契約しておきましょう。

 

備忘録です。

気づいたら書き足していきます。

 

カラーミー比較

納品書等 書類の一括印刷ができない

エコノミープランではお客様に送付する納品書やお店の作業控えとなる注文内容書などの一括印刷ができません。

 

これが地味にきつい。

 

カラーミー 受注処理

受注件数が少なければ問題ないのでしょうけど、処理件数が多くなると1件1件注文詳細画面を開いて様式を選んで印刷するだけで結構な時間がとられます。

 

エコノミープランを選んで最初に後悔したのがこれです。

名入れ機能が使えない

扱う商材によるのでしょうが、名入れ機能が使えません。
自分で商品オプションに名入れ機能を入れておけばいいやと思っていたのですが、商品オプションは2項目までしか設定できないので項目が多くなってくると面倒です。

 

たとえばカラー・サイズを選択しないといけない商品の場合、それだけでオプション枠終了です。「名入れご希望の場合備考欄に」などの対応をしてあとから手作業で金額修正ということになり、店にもお客様にも手間です。

幸い名入れ対応の商品が少なかったので大きな問題にはなりませんでしたが、これは結構盲点でした。

フォローメール機能がない

条件を指定しておくと、お客様にアフターフォローのメールを自動送信してくれるフォローメール機能。
エコノミープランにもあるものだと思ってしっかり条件登録したのにレギュラープラン以上の機能でした。

 

これも手作業でメール送信すればいい話なのですが数が多いと大変です。

 

カラーミーショップは30日間無料のお試し期間がありますが、その間使えるのはレギュラープランです。
しかも実際の受注処理を確認できるわけではないので「これならレギュラープランじゃなくても大丈夫じゃない?」などと錯覚しがち(?)ですが、そんなことはないと断言します。

 

 

途中でプラン変更することも可能ですが、本腰入れてやるのならレギュラープラン以上は必須だと個人的に推奨します。