商品一覧&検索結果ページのSEOカスタマイズ

カラーミーカスタマイズ

カラーミーショップの商品一覧と検索結果ページは、商品数が多ければ複数ページに渡りますが、同じtitle、同じdescriptionが出力されており、重複ページと見なされてしまうこともあります。

検索エンジンのクローラーに重複と見なされてしまうと共倒れとなってしまう可能性もあり、好ましくない状態ですので対応しておきたいところです。

商品一覧ページのカスタマイズ

カラーミーではhead部分に追記することはできますが、head追記に変数は使用できないのでテンプレート側でのJS処理。もしくは昔ながらのバグを利用してテンプレートに直接metaタグを書き込む方法を使うことになります。

一覧ページの2ページ目以降にはnoindex設定を施す

カラーミーのテンプレートエンジンはsmarty2.6なので、smartyの変数を利用してURLパラメーターを取得できます。

{$smarty.get.page} // pageパラメータの値を取得

pageパラメータの値で条件分岐してnoindexを指定しておけば完了です。metaタグでのnoindex設定は

<meta name="robots" content="noindex">

です。

バグを利用するならこんな感じで。

{if $smarty.get.page > 1}
<meta nema="robots" content="noindex">
{/if}

titleの書き換え

noindexを指定するならあまり意味もないような気がしないでも無いですが、念には念をということでページタイトルも書き換えておきます。

こちらは完全にJS処理となります。

書き換えといっても元のタイトルに[2ページ目]を付け足すぐらいで良いと思います。私はinsertAdjeacentHTMLでやってます。

// DOMContentLoaded
title = document.getElementsByTagName('title')[0];
title.insertAdjacentHTML('afterbegin', '(2ページ目)');

検索結果ページのカスタマイズ

こちらは人によって対応が分かれますが、商品検索結果をとにかく全部noindexにするパターンと、先ほど同様に2ページ目以降はnoindexとするパターンの2種類あります。

違うサービスですが、shopifyのコードを見ていると商品検索結果は全てnoindex処理している場合が多いです。私の場合は、検索結果のページは分かりやすいユーザーの需要なんじゃないか という考えに基づき、商品一覧と同様に2ページ目以降をnoindexにしています。どちらが正解なのかは分かりません。

ただしカラーミーの場合、検索結果ページのタイトルが全て「商品検索 – (ショップ名)」となっているので、先ほど同様タイトルの書き換えを行い、「(キーワード)の商品検索 – (ショップ名)」としています。

小さなことからコツコツと

ページ表示スピードが大幅に上がった!とか、core web vitalで100点とった! とかに比べるといずれも地味なカスタマイズですが、塵も積もれば山となりますからね。

もちろん、コンテンツの充実度や更新頻度、SNSや動画サービスなどの検索外部からの集客チャネルを活用していること が基本です。

どなたかの参考になりましたら幸いです。

ミフネWEB
タイトルとURLをコピーしました