とりあえずこれだけ。flexの超基本レイアウト

子要素を横並びにするcss「flex
単純な横並びからサイト全体のレイアウトまで幅広く用いられていますが、指定できるプロパティが多く悩まされる方も多いはず。(あとバグ報告も多い)

一度に全て網羅するのは大変ですので数回に分けてflexについて説明していきたいと思います。なお、文中ではベンダープリフィクス(-webkit-等)を省略していますのでご了承ください。

Can I Use 「flex」(flexプロパティの各ブラウザ対応状況)

display:flexとは

displya:flex; を指定すると、その「子要素を全て」横並びにします。
たとえば下記のようなレイアウトがあったとして

h1タグ
div
pタグ
pタグ2
h2タグ

divタグ

divタグの子要素となるpタグ

h1タグから最後のpタグまで全て包んでいる外側のブロックにdisplay:flex; を指定するとこうなります。

h1
div
p
p2
h2

div

div子要素p

hタグもdivタグも元々の幅や高さが無視され、最小幅・同じ高さで横並びとなります。

一方で最後のpタグは、flexを指定したブロックから見て孫要素になるのでflexの影響を受けず、divタグの中に収まっています。

「flexを指定したブロックの”子要素”をすべて横並びさせる」という基本的なflexの作用をまず覚えておいてください。

flex-wrapで折り返しを指定する

flexを指定すると、子要素がいくつあっても全て一直線の横並びとなります。何があっても折り返しません。

子要素が少なく、flexボックス内の伸縮だけを調整したい場合はそれで良いのですが、サイトレイアウトを作るときなど、子要素をwidth指定で調整したい場合は端まできたら折り返すように指定します。

flex-wrap: wrap; で折り返し。
flex-wrap: no-wrap; は折り返しなしです(初期値)。

最初の内は全部flex-wrap:wrap;指定してていいんじゃないかと個人的に思います。

先程のサンプルにflex-wrap: wrapを指定して、h1とh2タグにwidth: 100% と指定してやるとこうなります。

h1
div
p
p2
h2

div

div子要素p

ほかの要素も同様にwidth指定してやると、ある程度見栄え良くなりますが、自動で左詰めになる配置は変わりません。

そこで次は配置を整えます。

念の為にもう一度書いておきますが、flex-wrap:no-wrap; の状態で、子要素にwidthを指定してもダメです。
「flexにしたらwidthが効かなくなった!」と嘆いている人は速やかにflex-wrapを指定しましょう。

子要素の配置・間隔を調整する

flexボックスの子要素をflexアイテムと呼びます。
ここからはflexアイテムの配置の調整です。

横方向の配置を整える

先程まで見てきたように、flexアイテムは余白なしの左詰め(初期値)となります。

これはjustify-contentプロパティで変更できます。ちなみに以下いろいろなプロパティが出てきますが、flexを指定したブロックに指定します。flexアイテム1つ1つに指定するのではないのでご注意ください。

justify-contentはサンプル見て覚えてください。

justify-content: flex-start; (初期値)

justify-content: flex-end;

justify-content: center;

justify-content: space-between;

justify-content: space-around;

justify-content: space-evenly;

flexでサイトレイアウトを作ってみる

もう少し書こうと思ったのですが、結構長くなったのでここで一回切ります。
今回の内容だけでもサイトレイアウトぐらい作れるはずです。

伝統的サンプルレイアウトだけ載せて、今回は終わりにします。次は「基本レイアウトその2

header
グローバルナビ
side
main
footer
#container{
  display: flex;
  flex-wrap: wrap; 
}
header,
nav,
footer{
  width: 100%;
}
article{
  width: 75%;
}
aside{
  width: 25%;
}

23:40まで受講できるから、仕事と両立できるHTML5/CSS3コース[オンライン]