MFクラウドがあれば確定申告も怖くない

2019年2月20日

マネーフォワード確定申告

早いもので年度末、確定申告の時期となりました。
またこの時期がきたな。。とうんざりしている人、なんとかなるさと現実逃避している人、
税理士さんに丸投げで自分は何もしない人etc 色々見かけますが、私は30分かからないぐらいで済むので
確定申告もどこ吹く風です。

 

とはいえ、私も個人事業をはじめた当初はすべてが手探り状態でしたので、
元帳の金額が合わない!・カードの明細どこに行った!?・あぁ申告期限明日までなのに(徹夜か、、)とそれはそれは酷い状況でした。

それから色々と自分にあう会計ソフトを探したりして、現在はマネーフォワード クラウド確定申告を利用しています。
最近、個人用(家計簿)のマネーフォワードMeのテレビCMも放映されているので聞き覚えのある方もいらっしゃるのではと思います。

 

マネーフォワードクラウド(以下MFクラウド)は無料プランもあるとはいえ、無料プランで仕訳できるのは年間50件までです。

事業にもよりますが、1年で50件以下の仕訳で済むことはほぼ無いでしょうから事業で
利用するのならベーシックプラン(800円+税 /月)以上になるでしょう。 (*年払いの場合は8,800円+税 /年)

「無料じゃないならいらない」とおっしゃる方もいるかも知れませんが、MFで節約できる時間は計り知れません。

 

特に、
ネットショップを運営されている方(自社・モール)、銀行取引の多い方、クレジットカードで支払う機会が多い方 必見です。

 

データ連携で自動記帳&自動仕訳

2月20日現在で、MFクラウドは

銀行3343口座・

クレジットカード142種・

電子マネー48種・

通販などビジネスサービス53種類  とデータ連携しています。(連携サービス一覧

 

 

データ連携とはどういうことかというと、指定した銀行口座やカード明細のデータを自動で取り込み、さらに自動で仕訳してくれます。

仕訳はMFクラウドのビッグデータに基づいて行われますが、間違っている場合はもちろん自分で修正できます。
さらには機械学習が組み込まれているので、修正内容に基づき以降の仕訳にも修正案が提案されます。

つまりMFクラウドを使えば使うほど完全自動化されます。
通帳を見ながら転記したりカードの明細を探す必要はありません。

 

同じく、楽天市場やYahooショッピング、カラーミーやBASEショップ、Paypalなどのビジネス用ツール、
SquareレジやAirレジ、ユビレジなどのPOSレジサービスとの同期も可能です。売上があがれば自動的に計上されます

つまり事業によっては、ほぼ全ての記帳が自動処理できることになります。

 

先の予定支出も入力できる

通常だと既に確定した収支の入力しか出来ませんが、MFクラウドでは先の予定支出を入力することが可能です。
たとえば買掛金の支払いや税金の支払いなど。

これらを前もって入力しておくことで、未来のキャッシュフローまで含んだより確実性のある経営分析・経営戦略をたてることができるようになります。
もし追加で融資が必要となる場合なども前もって判断することが容易になります。

 

キャッシュフロー・経営状況をリアルタイムで分析できる

順序が後先になりましたが、入力された仕訳内容から簡単に分析ができます。私はキャッシュフローレポートと収支レポートぐらいしか使いませんが、全部で6種類のレポートを出力できます。

スマートフォン用の分析アプリもあるので、時間と場所を問わずリアルタイムにレポート分析が可能です。
インストール型ではなく、クラウド型であることのメリットです。

 

MFクラウドから確定申告書類を印刷できる

確定申告書、所得税青色申告書Bをpdfファイルで印刷、またはe-tax用に出力することが可能です。

 

 

マネーフォワードクラウド会計をより便利に利用するために

銀行データは全部取得できるわけではない

先ほど書いたとおり、多くの銀行口座・クレジットカードなどのデータ自動取得が可能ですが、
特に銀行は、過去1ヶ月から1年前までのデータしか取得できないなど制限がある場合が多いです。

またデータ取得に関し、銀行にインターネットバンキングの利用申請を行いますが、銀行によっては利用開始までに一週間程度かかる場合があります。

利用開始が遅くなればなるほど、データ自動取得の恩恵に預かれないので早めの開始がおすすめです。

 

 

銀行・クレジットカードはなるべく一本化する

これはMFクラウドに関係ない話ですが、事業用口座・事業用カードは1つにまとめている方が仕訳も楽です。

 

 

ざっと思いついたまま書きましたが、あとは百聞は一見にしかずです。
MFには「ベーシックプランの30日間無料おためし期間」があります(お試し期間もデータ自動取得などは可能です)ので、実際に使ってみて判断してみてください。

(Visited 1 times, 1 visits today)