マネーフォワードの料金プランが大幅変更される【20年6月2日 〜】

経理・補助金・ファクタリングetc


6月2日からマネーフォワードクラウド確定申告の料金プランが変更されると発表されました。
主な点は無料プランの大幅機能制限と、個人事業主用の新プラン(月あたり800円〜)設立となります。

 

現行の有料プランも改定され、現在パーソナルライトプランで利用されている方については、料金そのままで機能追加 or 新プランに変更する場合安くなる

パーソナルプランの方については大幅に安くなります

 

プラン変更の背景には、マネーフォワードが負担している金融機関apiの利用料金があるようです。
新プランでの変更点について簡単にまとめておきます。

 

・マネーフォワードクラウドの詳しい機能や使い方はこちら

スポンサーリンク

6月2日以降、無料プランにかかる制限

無料プランについては、かなりの制限がかかります。
主だった点を挙げておきます。

金融機関との連携が月2回に制限・手動は不可

金融機関と連携させておくことで自動的に記帳できる機能ですが、これが月2回に制限されます。
自動取得のみで、手動による明細再取得はできません。万一なんらかのエラーで自動連携が失敗しても再取得は不可です。

確定申告書作成が不可

ある意味肝とも言える、マネーフォワード上での確定申告書作成機能が利用できなくなります

CSVでの書き出し不可

帳票をCSV形式で外部出力することができなくなります

 

その他、

 

債務管理機能すべて・推移表/部門別集計表/前期比較の閲覧・消費税集計機能 ・メンバーの新規追加

 

が利用できなくなります。かなりの制限です。

個人事業主用のパーソナルミニプランの新設

救済措置として、個人事業主用に6月2日から現在のライトプランよりも安い「パーソナルミニプランが新設されます。

パーソナルミニプランの主な機能

  • 経費の仕訳入力
  • 確定申告書作成機能
  • メール・チャットサポート
  • 取引先登録(マネーフォワード請求書)
  • クレジットカード決済(同上)
  • 作業履歴確認(同)
  • 帳票類採番ルール(同)
  • 送信元メールアドレス設定(同)

*他のマネーフォワードクラウドサービス(経費・勤怠など)については変更なしで利用可。

パーソナルミニプランの料金

月額980円。年払いなら9,600円(月あたり800円)です。いずれも税抜き価格。

パーソナルライトプランの廃止

パーソナルライトプランは6月2日以降廃止されます。

 

それに伴い、現在ライトプランで契約している場合は自動的にパーソナルプランに変更されます(6月2日以降の契約更新より新プランが適応される)。

 

ただし同日より、パーソナルプラン(現在 2,480円/月)が1,280円/月(= 現在のライトプランと同額)まで値下げされるので月額料金自体の変更はなく、利用できる機能が追加される形となります。

 

また、ライトプランを個人事業主として利用しており、ミニプランの機能でも十分という場合にはプラン変更することで安くなります。

パーソナルプランは値下げ

先ほど文中で紹介したとおり、6月2日以降パーソナルプランは1,280円/月に変わります。
新料金が適応されるのは契約更新日以降です。

月500円キャンペーンは3月16日まで

3月16日までの申し込みで、2ヶ月間月額500円で利用できるキャンペーンも実施中!

 

・・ですが、新プランが始まるのも6月の話ですし、慌てて利用する必要がない場合は無料おためし1ヶ月で良いのではないかと思います。

 

作業時間の効率化・短縮化には欠かせない会計管理ですので、うまく利用してください。

ミフネWEB
タイトルとURLをコピーしました