Paypal、銀行引き落としに対応

paypal

以前「Paypalがカード無しでも利用可に」で書きましたが、ついにPaypalがクレジットカードだけでなく銀行口座だけでも登録できるようになりました。

 

Paypalとは日本国内だけでなく世界2億5000万人に利用されているオンライン決済サービスです。ネットショップでもカラーミーショップなどを中心にPaypal決済を導入を見つけられます。

 

 

Paypalの仕組みは、決済用のクレジットカード番号 or 口座番号を登録しておくと、あとはPaypalアカウントのみ・手数料無料でネット決済ができるというもの。

万一ショッピング中の通信が傍受されてもカード情報は盗まれない、という安全性の高いシステムです。国内だけでなく海外通販でも決済手段として利用できるので海外のネットショップを利用されている方ならよくご存知ではないでしょうか。

 

Paypalのアカウント登録には今までクレジットカード登録が必須条件だったのが、銀行口座の登録のみでもOKになったというわけです。

 

これまで現金決済では「銀行振込」「コンビニ支払」「代金引換」などが主流であり余計に手数料が必要であったり、振込のために金融機関などに出向かないといけないというデメリットがありました。Paypalを利用することで、このデメリットが払拭されることになります。

 

これは特に若年層を中心に増えているクレジットカード非保持率をうけ、現金派でもネットショッピングで利用できるという利用者増を狙ったアピールだと思いますが、

相次ぐ個人情報の流出事件をうけネットでカード決済することを警戒する方も少なからずいらっしゃいますので、Paypalを既に利用しているショップからは、「Paypalは銀行引き落としでも利用できる」と顧客に宣伝することも可能です。

 

 

 

全体的にみて、まだ普及しているとは言えない状況のPaypalですが、国内大手企業を見てみるとヤマダ電機、ブルックス(コーヒー)などが挙げられます。

ネットショップやホームページがない場合でも、メールやSNSのDMを利用してクレジットカード決済を受け付けることもできるので、個人的な意見としては、もっと普及してくれれば良いなと思います。

 

Paypalはビジネス利用でも登録料・月額利用料は不要なので、カード決済の選択肢として登録だけでもしておいても損はないでしょう。

 

ペイカートプラス