らくうるカート利用のネットショップ 制作事例

2019年2月7日

1月でリリースから1年が過ぎた、ヤマト運輸のネットショップ作成ツールらくうるカート
まだ改善してほしい点は残っていますが、毎月のように機能アップデートが行われ、1年でずいぶん進化してきたと感じます。

 

私が利用し始めたのが昨年の春頃でしたが、そこから覚えているだけで

  • 全ページがhttps化
  • mp4など、アップロードできるファイルの種類が大幅増
  • 外部カート機能の実装
  • 独自ドメインでのメール送信が可能に
  • 一度の注文で複数の送り先を指定できる
  • 過去の購入者に販促メール送信が可能に

 

などのアップデートがありました。
マイナーアップデートも含めるともっとありましたが、主だったところはこんなところでしょう。

 

 

デザインテンプレートが増えたとはいえ、実質4種類なのが弱点といえば弱点ですが、カート画面以外はHTML編集で完全カスタマイズも可能ですので、少し知識があれば簡単に編集できます。

 

今回、実際に「らくうるカート」を利用しているお店はどれぐらいあるのか、どのように活用しているのか簡単に検索してみました。

 

大体30件ぐらい引っかかりましたが、その中から目に止まったお店を5店舗ご紹介します。

 

 

らくうるカート ショップ

兼長水産株式会社 北の味覚 様

ikura.jpg

トップのスライドで目と心を奪われたのがこちら。
ネットショッピングにおける写真の重要性を再認識させられます。

 

北の味覚   https://kitanomikaku.jp/

 

 

有限会社 前沢牛オガタ 様

ogata

重厚感と高級感あるサイト。
黒っぽい背景に白い文字は個人的に好きではないのですが、そこまで気にならないようデザインされています。

先ほどの水産会社様もそうでしたが、らくうるカートのテンプレートを元に編集されています。

 

 

前沢牛オガタ https://maesawagyuogata.com/

 

お取り寄せ部悠里 様

yuuri

まだ制作途中かもしれません。 こちらもテンプレートを元に編集したデザインです。
多分ですが、先月公開された新しいテンプレートを利用されているようです。

 

お取り寄せ部悠里  https://yuuri.raku-uru.jp/

 

 

さいえ 様

saie

 

こちらのお店は基本テンプレートのままの利用ではないかと思いますが、サイト全体の配色バランスが良く、お店のイメージや人となりが伝わってくるように感じます。
ヘッダーのロゴ部分がテキスト表示になっているのが少し勿体ないです。

 

さいえ オンラインショップ https://cayest.raku-uru.jp/

 

 

7seadwarfs 様

7dwarfs

大きな編集はされていませんが、見出し部分などデザインが整えられているので、ぱっと見てショップの雰囲気が伝わります。
スライドの情報が古いままので更新頻度は低めでしょうか。

 

7seadwarfs   https://7seadwarfs.raku-uru.jp/

 

 

雑感

 

初めて他のらくうるカートショップさんを見てみましたが、色々と工夫されていて興味深く感じました。

これを読まれている方はご自身もらくうるカートを利用されているか、これから導入を検討されている方だと思いますが、何らかのお役に立てれば幸いです。

 

(Visited 10 times, 1 visits today)