ヤマト運輸の らくうるカートを使ってみました

2018年3月26日

クロネコヤマト らくうるカート

 

近年EC事業にどんどん手を伸ばしてきているヤマト運輸。ついにネットショップ作成ツールまで始めていたようです。

謳い文句としては

  • HTMLの知識がなくても簡単にネットショップが作れる
  • 月額300円から利用できる
  • クレジットカードをはじめ決済サービスを一括申請
  • 受注データ・顧客管理・配送情報などを一元管理できる

実用性があるのか、カード決済の手数料はいくらかかるのか、ロイヤリティは必要なのか等、気になった点を調べつつお試しプランを試してみました。

シンプルで使いやすい管理画面

まず【らくうるカート】にアクセスし「30日無料お試し」から仮登録。
希望するURLとメールアドレスを登録するとすぐにお試し用のIDとパスワードが記載された確認メールが送信されてきます。

 

なお、らくうるカートの利用は個人事業主または法人のみとなっていますので、事業として申請していない個人の利用はできません。

 

どうやって個人事業主であることを確認するのかと不思議に思ったのですが、らくうるカートのクレジットカード決済である「クロネコWEBコレクト」の利用開始時には、地域の担当の方が事業所に契約書もって来られるので、それをもって確認しているのかも知れません。(自宅兼仕事場の場合はどうするんだろう・・)

 

私の場合は元々ヤマト運輸と契約していましたし、カラーミーでクロネコWEBコレクトも利用していたので、改めて確認されることはありませんでした。

らくうるカート

管理画面にログイン。簡素な見た目です。
少し簡素すぎて寂しい気もしますがごちゃごちゃしてないので迷うことはないでしょう。

意外と使える商品登録

無料で用意位されているテンプレートが結構ちゃんと作られているので、商品名・価格・画像などの基礎情報だけ入力して簡単に済ませても良いですし、
SEO対策にもなるページタイトルとdescriptionの別入力が可能、SNS用のOGP設定が可能。商品情報はhtmlで自由記述することができ、cssも自由に使えますのでカスタマイズ大好きな人でも満足できそうです。

 

驚いたことに、<head>内のhtml編集まで全てできます。よくある「head内に追記できます」とかではなくて、<!DOCTYPE html>の部分も含め全て編集可能です。大丈夫なのかと逆に心配になります。カスタマイズし放題。

 

csvファイルでの一括登録にも対応しているのが嬉しいです。

 

失礼ですが予想していたよりも遥かにちゃんとしています。

「簡単にネットショップが作れる」だけを目的にしているのではないなと感じます。

お店のデザイン編集

テンプレートがいくつか用意されており、それを元に編集していく感じです。
背景色やフォント指定など簡単な設定で済ませてしまうこともできますが、先ほど書いた通りhtml、cssを完全編集することが出来ますのでその気になれば別物に作り変えて使用することも出来るでしょう。

 

テンプレートは全てスマホ対応のレスポンシブデザインです。この辺りは最近は必須というか当たり前ですね。

 

用意されているテンプレートをカスタマイズなしで使用するとこんな感じになります(PC版)。

らくうるカート 商品画面

(画像引用元:らくうるカート制作事例

 

どうやらレビュー機能は無さそうですね。

独自ドメインの使用可否

ライトプランではサブドメイン(【最初に設定したID】 .raku-uru.jp/ )のみ利用可。

 

レギュラープランでは所有しているドメインの利用、またはらくうるカートから無償貸与されるオリジナルドメイン(com,net,biz,org,info)での利用となります。

 

きちんとしたネットショップ運用を考えているのでしたら、やはり独自ドメインでの利用がのぞまれます。
なお、らくうるカートから取得したドメインは解約時に返還しなくてはならず他社への引き継ぎができませんので、できればお名前.comなどで予めドメイン取得しておくほうが良いと思います。

配送会社はヤマト以外も可能

これも意外でしたが、ヤマト運輸以外の配送会社を利用することも自由です。
ヤマト運輸以外の配送会社を利用したい(している)から らくうるカートは使えないということではなさそうです。
もちろんヤマト運輸を利用する方が受注配送データを統括できるメリットはあります。受注画面からそのまま送り状の印刷・伝票番号の同期が行われるのでかなり楽です。

基本の決済はクロネコWEBコレクト

らくうるカートのクレジット決済はネットショッピングで利用されるほとんどの決済手段を一括で利用できるクロネコWEBコレクト。(https://www.yamatofinancial.jp/wc/

 

VISA・JCBなどの主要クレジットカード・コンビニ決済・電子マネーなどほぼ全ての決済を一括で申請・利用可能なサービスです。事業規模(発送数)によってコンビニ決済・電子マネーは利用できない場合があるようなので、担当者さんに確認してもらうと良いかと。

 

初期費用・月額利用料などは無料で、カードの決済手数料は5%。

 

締め日から最短5日で入金という早い入金サイクル(*注) がうれしいところです。(*注:15日締め → 20日払い ・ 末締め → 翌5日払い)

カラーミーショップとの比較

独自ドメインでの運用を想定した場合レギュラープラン(年額36,000円/月あたり3,000円)となりますので、金額の近いカラーミーショップのレギュラープランと比較してみました。

詳細は後に書くとして、とりあえず一覧にしました。

項目 らくうる カラーミー
初期費用 5,000円 3,000円
月額料金 3,000円 3,000円
販売手数料 なし なし
クレジット手数料 5% 5.5%
商品数上限 無制限 無制限
無料テンプレートの出来
外部カート html埋め込み js型
メルマガ発行
レビュー機能 X
ファイル管理 X
FTP なし 画像のみ

*金額は税抜きです。カラーミーのクレジットカード手数料はイプシロン利用と仮定しています。

初期費用はカラーミーの方が安い

カラーミー3,000円、らくうるカート5,000円、というわけでカラーミーの方がお安いです。

後発ショッピングカートのくせに(失礼)5,000円って結構攻めますね

月額利用料と販売手数料

カラーミー、らくうるカートともに3,000円、販売手数料なしなので引き分け。

クレジットカード手数料

イプシロン利用の場合、カラーミーショップは5.5%または1,300円いずれか高い方。
らくうるカート(クロネコWEBコレクト)は5%なのでヤマトの方がお得。

 

あと、入金サイクルはヤマトの圧勝ですね。(イプシロンは翌々月の20日 *有料オプションで翌月払いも可能)

無料テンプレートの出来

これは間違いなくらくうるカートの方が優秀です。それだけにレビュー機能つけてないのが勿体ない。

 

カラーミーの無料テンプレート、何年前から変わってないっけ。。って話です。

外部カートの設置可否

カラーミーショップでは「どこでもカラーミー」というjava script型の設置。

らくうるカートはhtmlコードを埋め込むことで設置できます。

 

JS型は自動的に商品情報を読み込んで表示するので、販売価格を変更したときや、販売終了になったときが楽なんですよね。html型は全て手作業で修正する羽目になるので。

メルマガ発行機能・レビュー機能

厳密にいうと、らくうるカートにメルマガ発行機能はありません。購入者のみ対象に発行できる「販促メール機能」があるので一応「▲」です。

 

らくうるカートにレビュー機能が無いのはつらいところ。口コミはSNSに書くからとかいう声もありますが、それでもレビュー機能の有る無しは大きいと思うんですけどねぇ。

ファイル管理・FTP機能

カラーミーショップの画像ファイル管理がひどいのは相変わらずです。一括アップロードはFTPのみ可能(というかFTPは画像アップロードにしか使えない)ですし、管理フォルダも管理できてないし。

 

らくうるカートはFTP機能は無いですが、普通に一括アップロードで画像ファイル(jpg・png・gifなど)・動画ファイル(mp4・wmv)・資料ファイル(pdf・office系)など31種類のファイルがアップロード可能なので特に困りません。

カラーミーとらくうるカートの比較まとめ

初期費用の5,000円が気に入りませんが、全体的にはらくうるカートの方が良いかなと思います。

「?」つけるぐらいの僅差ですけど。ただまぁ、送り状の発行は本当に楽になります。これまで手動で発行している方はきっと感動するレベル。

 

あと、SEOやサイト編集の知識が無い方がこれからネットショップを始めるのなら、間違いなく「らくうるカート」を薦めます。

 

スマホだけで商品登録できたりしますしね。意外と町の八百屋さんやお肉屋さんが仕事の合間にスマホで商品登録してもいいんじゃないか?と思いますよ。

 

そんな方でもきちんと作れる・使えるように設計されていると思います。

百聞は一見にしかずということで実際試してみてください。

 

 

ヤマトの中の人の話では、「今年中はとにかくアップデートしていく」ということでしたので、更におすすめできるECツールになりそうです。

アップデート続報が楽しみです。