ヤマト運輸の らくうるカートを使ってみました

2018年3月26日

クロネコヤマト らくうるカート

 

近年EC事業にどんどん手を伸ばしてきているヤマト運輸。ついにネットショップ作成ツールまで始めていたようです。

謳い文句としては

  • HTMLの知識がなくても簡単にネットショップが作れる
  • 月額300円から利用できる
  • クレジットカードをはじめ決済サービスを一括申請
  • 受注データ・顧客管理・配送情報などを一元管理できる

実用性があるのか、カード決済の手数料はいくらかかるのか、ロイヤリティは必要なのか等、気になった点を調べつつお試しプランを試してみました。

 

シンプルで使いやすい管理画面

まず【らくうるカート】にアクセスし「30日無料お試し」から仮登録。
希望するURLとメールアドレスを登録するとすぐにお試し用のIDとパスワードが記載された確認メールが送信されてきます。

 

なお、らくうるカートの利用は個人事業主または法人のみとなっていますので、事業として申請していない個人の利用はできません。

 

どうやって個人事業主であることを確認するのかと不思議に思ったのですが、らくうるカートのクレジットカード決済である「クロネコWEBコレクト」の利用開始時には、地域の担当の方が事業所に契約書もって来られるので、それをもって確認しているのかも知れません。(自宅兼仕事場の場合はどうするんだろう・・)

 

私の場合は元々ヤマト運輸と契約していましたし、カラーミーでクロネコWEBコレクトも利用していたので、改めて確認されることはありませんでした。

 

 

 

らくうるカート

 

管理画面にログイン。簡素な見た目です。
少し簡素すぎて寂しい気もしますがごちゃごちゃしてないので迷うことはないでしょう。

 

 

意外と使える商品登録

商品名・価格・画像などの基礎情報だけ入力して簡単に済ませることもできますが、
SEO対策にもなるページタイトルとdescriptionの別入力が可能、SNS用のOGP設定が可能。商品情報はhtmlで自由記述することができ、cssも自由に使えますので作りこみたい人でも結構満足できそうです。

驚いたことに、<head>内のhtml編集までできます。よくある「head内に追記できます」とかではなくて、<!DOCTYPE html>の部分も含め全て編集可能です。大丈夫なのかと逆に心配になります。カスタマイズし放題。

 

csvファイルでの一括登録にも対応しているのが嬉しいです。

 

失礼ですが予想していたよりも遥かにちゃんとしています。

「簡単にネットショップが作れる」だけを目的にしているのではないなと感じます。

 

 

お店のデザイン編集

テンプレートがいくつか用意されており、それを元に編集していく感じです。
こちらも背景色やフォントなど簡単な設定で済ませてしまうこともできますが、先ほど書いた通り、html、cssを完全編集することが出来ますのでその気になれば別物に作り変えて使用することも出来るでしょう。

テンプレートは全てスマホ対応のレスポンシブデザインです。
この辺りはカラーミーやBASEと同等の印象です。

 

用意されているテンプレートをカスタマイズなしで使用するとこんな感じになります。

らくうるカート 商品画面

(画像引用元:らくうるカート制作事例

 

どうやらレビュー機能は無さそうですね。

 

 

独自ドメインの使用可否

ライトプランではサブドメイン(【最初に設定したID】 .raku-uru.jp/ )のみ利用可。

レギュラープランでは所有しているドメインの利用、またはらくうるカートから無償貸与されるオリジナルドメイン(com,net,biz,org,info)での利用となります。

 

きちんとしたネットショップ運用を考えているのでしたら、やはり独自ドメインでの利用がのぞまれます。
なお、らくうるカートから取得したドメインは解約時に返還しなくてはならず他社への引き継ぎができませんので、できればお名前.comなどで予めドメイン取得しておくほうが良いと思います。

 

 

配送会社はヤマト以外も可能

これも意外でしたが、ヤマト運輸以外の配送会社を利用することも自由です。
ヤマト運輸以外の配送会社を利用したい(している)から らくうるカートは使えないということではなさそうです。
もちろんヤマト運輸を利用する方が受注配送データを統括できるメリットはあります。受注画面からそのまま送り状の印刷・伝票番号の同期が行われるのでかなり楽です。

 

 

 

主だった決済はクロネコWEBコレクト

らくうるカートのクレジット決済はネットショッピングで利用されるほとんどの決済手段を一括で利用できるクロネコWEBコレクト。(https://www.yamatofinancial.jp/wc/

 

VISA・JCBなどの主要クレジットカード・コンビニ決済・電子マネーなどほぼ全ての決済を一括で申請・利用可能なサービスです。

 

初期費用・月額利用料などは無料で、カードの決済手数料は5%。(キャッシュレス還元事業申し込みで、期間中は3.25%(2019/10/01 〜 2020/06/30))

締め日から最短5日で入金という早い入金サイクル(*注) がうれしいところです。(入金サイクルは3パターンから選択)

(*注:15日締め → 20日払い ・ 末締め → 翌5日払い)

 

カラーミーショップとの比較

独自ドメインでの運用を想定した場合レギュラープラン(年額36,000円/月あたり3,000円)となりますので、金額の近いカラーミーショップのレギュラープランと比較してみました。

 

初期費用

カラーミー 3,240円

らくうるカート 5,000円。

 

 

月額利用料

カラーミー、らくうるカートともに3,240円。

 

ロイヤリティ(売上に対する手数料)

カラーミー、らくうるカートともに無料(ライトプランの場合1%)

 

クレジットカード手数料

カラーミー(イプシロン利用の場合) 5.5%または1,300円いずれか高い方
らくうるカート 5%

 

カラーミーの入金サイクルは月末締め、翌々月20日払い(イプシロンの場合) *翌月払いオプション(有料)もあり

 

商品登録数上限

カラーミー、らくうるカートともに無制限。

 

 

常時SSL通信による保護

カラーミー 常時SSL

らくうるカート 確認できず(カート画面のみ?)カート画面のみSSL通信 

*6月5日追記:5月の機能アップデートで、らくうるカートも全ページSSL通信に対応しました。

「らくうるカート・5月の機能アップデートまとめ」🔗

 

 

外部カートの設置可否

カラーミー 可能(どこでもカラーミー js使用)

らくうるカート  不可 可能(コード貼り付け)

*6月5日追記:機能アップデートにより、外部カート設置が可能となりました。

 

 

メールアドレスの付与

カラーミー 初期ドメイン1つ・独自ドメイン5つまで

らくうるカート メールアドレスの付与なし

*6月5日追記:アップデートにより独自ドメインでのメールアドレス取得可能(レギュラープラン以上)

 

メルマガ発行機能

カラーミー :あり

らくうるカート:なし

*2019.01.20追記 購入者限定の配信ではありますが、メルマガ送信機能が付与されるようです(レギュラープラン以上に限る。1月22日から)

 

 

 

カラーミーとらくうるカートの比較まとめ

受注・発送・顧客データの一元管理ができる、入金サイクルが早いという点では、らくうるカートが優勢。

 

SSL通信対応やレビュー機能、メルマガ機能外部カートが使える点ではカラーミーに軍配があがるというところでしょうか。

 

 

入金サイクルについてはカラーミーでもスクエア決済カラーミーの決済方法にSquareを利用する」参照)やPaypal、クロネコWEBコレクトを選択すれば同条件になりますので、現段階ではカラーミーに軍配があがると感じました。

 

ただ、これからネットショップを新しく試す場合、諸々の登録や手続きが容易という点ではらくうるカートもありかなと思います。らくうるカートは最安値のプランでは324円/月 ですが、324円プランでも必要な機能はひと通り利用できるので、初期投資を抑えたい場合にはもってこいだと思います。

 

 

ヤマト運輸の配送を利用している場合、送り状の発行は本当に楽になります。これまで手動で発行している方からすると感動するレベル。

 

 

 

らくうるカート、カラーミーともに無料お試し期間があるので、導入でお悩みの方はどちらも実際に試してみられると良いでしょう。

 

 

 

ヤマトの中の人の話では、「今年中はとにかくアップデートしていく」ということでしたので、これは本気でおすすめできるECツールになりそうです。

アップデート続報が楽しみです。

 

 


追記
1年利用したあたりで、カラーミーだけでなく4社のネットショップ比較をしてみました。
ご参考までにどうぞ。
(Visited 56 times, 1 visits today)