ネットショップ無しでネット販売する方法 [Squareオンラインペイメント]

巣ごもり景気と呼ばれた今年の春先以降、着々と増え続けるネットショップ出店。

これまでネットにはまるで縁がなかったお店がECやキャッシュレス決済をはじめようかと考えるケースも多く、私も最近はその手の相談を伺いに行くことがほとんどです。

実際に話してみて改めて実感するのですが、「これまでネットに無縁だったお店」は高齢な方が多いのもあってか現金決済が中心、「手数料」を嫌う方が多いです。

ネットショップではほとんどの支払いがクレジットカードなどのキャッシュレス支払いですので決済手数料が引かれます。またネットショップ(ショッピングカートシステム)を契約・利用するにも何らかの費用が掛かります。無料ネットショップを謳うサービスも固定費用が無いだけで手数料は発生するので。

この話を出した時点でネットショップは止めておこうとなる経営者の方もそれなりにいます。

そんな方への選択肢の1つとしてお話しているのが, Square(スクエア)のオンラインペイメントです。

WEBサイト、SNS、メール上でカード支払いを受け取れる

Square(スクエア)は、米国発のクレジットカード決済サービス。2013年から日本でもサービス展開をはじめ現在は三井住友銀行と業務提携している骨太な印象。なにかと金融・決済会社のセキュリティ系事件が相次ぐ昨今ですが、Squareはこれまで一度もその手のトラブルが起きていないことも挙げておきます。

現在のSquareは決済のみならず売上・在庫・勤怠管理など、様々な機能を包括したサービスなのですが、その1つに「オンラインペイメント」というものがあります。

オンラインペイメントを使えば、商品のネット販売はもちろん、会費のように多数から費用を徴収するもの、寄付の受付、それらを自社サイトやブログ、SNS、あるいはメール上で受付けることが可能です。

Squareオンラインペイメントの設置方法

購入リンクの作成

Squareにログインし、オンラインチェックアウトに移動。

Squareオンラインペイメントの作成画面

お会計リンクの作成を開くと「支払いを受け付ける」(会費徴収など)・「商品を販売する」「寄付」の3種類が出るので選択。

商品名を登録&価格を設定(Squareに商品登録している場合はライブラリから選択)し、特商法のチェックを確認したら保存。

Squareオンラインペイメントの設定画面

保存できると↓のような画像がポップアップで出ます。SNSやメールに直接リンクURLを貼る場合はリンクをコピーします(ここで保存しそこねても後からいつでもできます)。

Squareオンラインペイメント登録完了画面

購入ボタンの作成

サイト(ホームページ・ブログ)に掲載するのに直URLを貼り付けたくない場合は購入ボタンを作成することもできます。

オンラインチェックアウトの基本画面に戻ると登録した商品が一覧で表示されているので、件名(商品名)をクリック。

商品の編集画面が出るので、「ウェブサイトのボタンコード」をコピー。ボタンの色・テキストはカスタマイズできます。このコードですが、JavaScriptではなく普通のHTMLコードなので知識があれば自由に変更できます。JSなのでアメブロのようなJS禁止ブログでも利用できますが、たとえば後々金額を変更した場合などは手動で修正する必要があります。

試しに「缶コーヒーをおごってあげる」ボタンを作ったので、心優しい方はめぐんでくださると私が喜びます。

缶コーヒーをおごる

¥100

お支払い(カード決済画面に移動します)

オンラインペイメントのデメリット

実際にネットショップ運営されている方ならすぐに気付かれたと思いますが、オンラインペイメントでは単一商品しか購入できません

ショッピングカートシステムのように複数の商品をまとめて注文受付することはできません。ですので、単一商品の販売が主である場合には良いのですが、複数商品をまとめてご注文いただくには不向きです。

Squareには無料ネットショップを作る機能もあります(カスタマイズなどは一切できないシンプルなもの)ので、そういった場合にはそちらの利用を検討されると良いでしょう。

今記事のオンラインペイメントも、↓記事のSquareネットショップも、手数料完全ゼロとはいきませんが、他サービスと比べれば低いコストで始められるので、とりあえずネットで物・サービスを売ってみたいという方の選択肢には良いと思います。

Squareについて

実店舗でもオンラインでもクレジットカード/電子マネー決済を受け付けることができるサービスです。

Posted by ミフネWEB