国産WiMaxは無いと思っていたらあった話

アメリカ・オーストラリアに続いてインド・韓国が、5G通信機器から中国系企業のファーウェイ社(Huawei)とZTE社を排除すると発表がありました。

 

以前から中華スマホのバックドア問題がささやかれていましたし、真偽はさておき「中国」というだけで有り得そうだと思ってしまいますね。

 

どうして5G通信からなのか、今までの3GやLTEはいいのか?と不思議に思っていましたが、5G通信からソフトに依存する部分も大きくなり、セキュリティ監視がこれまでより一層難しくなることが理由として挙げられているようです。

 

HuaweiのWiMaxは大丈夫なのか問題

個人的にスマートフォンは中国産じゃないので問題ないとして、家庭内ネット回線にはUQコミュニケーションのWiMaxを利用しています。引っ越しと同時に契約したのでかれこれ4年近いWiMaxユーザーです。

 

「バックドア WiMax」「フェーウェイ WiMax」などで検索してみたのところ、特に関係ありそうな記事は出てこなかったのですが、ネットバンキングも利用しますので不安材料は少しでも取り除いておきたいですし、今後WiMaxのバックドア問題も出てくるかもしれません。

 

とはいえ、WiMaxってほとんどがフェーウェイ社じゃなかったっけ、、日本でWiMax作っている企業はないのか!? と半ば憤っていましたら普通にありました。

 

 

日本製のWiMaxは存在した

NECのWiMax「Speed Wi-Fi NEXT WXシリーズ」!

国産WiMax

画像引用元:UQコミュニケーションズ

 

UQさんのページによると、一番人気なのはHuaweiの最新機種のようです。

「下り最大758Mbps対応」とありましたが、かなり限定された地域のみ対応のようですし、正直そんなスピード出なくても十分早いです。

 

近々こちらに換えようと思いますので、何か特記するようなことでもあれば記事に起こしたいと思います。

国産WiMaxに買い替えて半年経過したので追記

・・というわけで、我が家はNECのWiMaxに変更しました。

 

まだ少し2年縛りが残っていたのですが、プロバイダーを変更して30,000円のキャッシュバックキャンペーン(当時)の恩恵に預かったので、不安材料が減ることと、プラマイプラスなら違約金払うぐらいいいだろうということで、GMOとくとくBBに鞍替えです。

 

▼広告▼


*注 W06など「W+数字]の機種はHUAWEI製。NEC製は「WX+数字」です。

 

半年経過した今でも各通信会社はWiMaxどころかスマートフォンもHUAWEI並べていますね。在庫処分の意味合いなら分からないでもないのですが、新機種も出てたりするので一体どこまで販売が続くのだろうかと思います。

 

中国製通信端末によってセキュリティがどこまで脅かされるのかは未だにはっきりしたことが分かりませんが、「個人情報」というのは何となく想像しているよりも遥かに重要なものですし、アメリカはじめ主だった国が5G規格からファーウェイを排除することは覆らないでしょうから、今後のことを考えると継続利用するメリットは無いかなと思います。