B2クラウドと連携して送り状を自動発行する

らくうるカートとB2クラウドを連携する

らくうるカートの最大の長所は、「B2クラウド、クロネコWEBコレクトと連携することで、発送に関する作業を簡略化できる」ことにあります。

他のネットショップサービスでしたら、B2クラウドでの伝票発行は概ね以下のような流れになると思います。

  1. ネットショップの受注データをCSVでダウンロード
  2. B2クラウドにログインし、外部データ(csv)を読み込み、送り状発行
  3. B2クラウドの送り状発行データをCSV出力し、ネットショップの受注データに番号登録

これが、らくうるカート(B2クラウドと連携済み)の場合、

  1. 受注管理画面から「B2API」ボタンをクリック→(B2の印刷確認画面が表示されるので)印刷

これだけです。

B2APIで発行した送り状は自動で受注データに反映されるので番号入力も自動で完了しています。

すごく楽です。

この記事では、B2クラウドとらくうるカートの連携設定方法について解説します。

B2クラウドとらくうるカートの連携設定

「店舗設定」 > 「ヤマトグループサービス設定」 にすすみます。

らくうるカート店舗設定

ページ中ほどに、「B2クラウド連携情報」という項目があるので埋めます。

↓運賃管理番号「001」じゃなくて「01」です。

B2クラウド連携情報の入力内容

APIアクセス認証キーは、B2クラウドの「外部システムとの連携」をクリックすると表示されます。電話番号+ランダムな文字列です。

B2クラウド管理画面
B2クラウドのAPI認証キー

顧客コード・運賃管理番号は、B2クラウドのログインや送り状発行する際に使用する番号です。運賃管理番号は多くの場合01になると思います。分類コードはほとんどの方が無いと思いますが、もしあれば入力します。

ヤマトグループの顧客コードと運賃管理番号

入力が終われば「登録」を押して完了です。受注データの「B2API」というボタンをクリックして正常に動作するか確認してください。(まだ注文が無い状態であれば、ご自身でテスト注文を入れて必ずご確認ください。)

らくうるカート

かなりの自動化が可能なので、1人店長やショップ運営の時間を短縮したい&ヤマト運輸を利用されている方には本当におすすめのショッピングカートです。

テンプレート制作・フリーページ制作・オープン前作業のあれこれ(商品登録・決済の設定、自動送信メールの条件分岐・送料の設定 etc)等、らくうるカートに関する制作・カスタマイズは何でも承ります。

お問い合わせ・ご相談

Author

ミフネWEBのロゴ

ネットショップ専門のWEBサイト制作事務所です(個人事務所)。

部分的なテンプレートカスタマイズから、高速化や機能追加、新規ショップ制作などECに関するいろいろを承ります。(5,500円〜)

仕事のご相談は「お問い合わせ・ご相談」より随時承っております。